「きんしつあいわす」とはどういう意味?またどうに書く?(琴瑟相和す)

ラジオを聴いていると、ちょっと聞きなれない文言を耳にしました。

「ホント、きんしつあいわす、といった雰囲気ですが・・・」
「キンシツアイワス」??

まったく分かりません。
日本語ですか??
早速調べてみました。

「きんしつあいわす」とは「琴瑟相和す」と記述して、夫婦の仲が良い事を例えているのだそうです。
元々は中国最古の詩集である詩経にあった文言で、「琴(きん)」とは弦楽器の琴(こと)の事で、「瑟(しつ)」とは大型の琴のことなのだそうです。同時に鳴った時のハーモニーが素晴らしいところから、仲の良い情景と例えられたとの事。現在では夫婦に限って使われているようですが、本来は夫婦の事でなく、妻子の事を言っていたのだそうです。ちなみに「相和する」とは、調和する、仲よくする、といった意味になります。

本当にまだまだ知らない日本語がたくさんあります。
またひとつ勉強になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*