「おこがましい」とはどういう意味?漢字で「烏滸がましい」「痴がましい」と記述するとの事。

先日社内の会議中、とある発言でちょっと気になる文言がありました。

「おこがましくて恐縮ですが…」
おこがましい…?

まぁなんとなく謙っている言い方なのかなとは思いますが、ちょっとハッキリ分かりませんでしたので改めて調べてみました。

「おこがましい」とは、生意気、差し出がましい、身の程をわきまえない様、と言った意味になるようです。なるほど、前後の文脈から「出しゃばってスイマセン」的なニュアンスで使っていたようですね。他にも「馬鹿げている」「ばかばかしい」と言った意味でも使われるようです。ちなみに漢字で「烏滸がましい」「痴がましい」と記述する事もあるようです。

今後も「おこがましい」と言われることのない様、身の丈に合った行動を取っていければと思います。


2 thoughts on “「おこがましい」とはどういう意味?漢字で「烏滸がましい」「痴がましい」と記述するとの事。”

  1. >他にも「馬鹿げている」「ばかばかしい」と言った意味でも使われるようです。

    「他にも」というより、それが本来の意味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*