「おおせつかる」とはどういう意味?(仰せ付かる/仰せつかる)

先日業務の中でちょっと気になる文言が耳に残りました。

「前任よりおおせつかっております・・・」
「おおせつかっております」?

なんとなく違和感が。
おおせつかる ってこのように使うんでしたっけ?
その時は聞き流しましたが、気になったので改めて調べてみました。

「おおせつかる(仰せ付かる/仰せつかる)」とは本来歌舞伎などの芝居で大役を任された時に使う文言との事。
現在では上司から受けた指示のことを言うのだとか。

なるほど、社外の私に対して「仰せつかる」と言うのが違和感を感じたポイントなのかと気づきました。
今回の場合は「前任より引き継いでおります・・・」や「聞いております」で良かったのかと思いました。
同じ社内の上司に対して、「先日仰せつかりました・・・」と使う言葉ですよね。
もしくは、へりくだって自分の身分とは合わない高いポジション、と言う意味で、「大役を仰せつかりました・・・」と使う場合もありますよね。

普段あまり使わないかしこまった言い方なので、使い慣れておらず難しいですね。
改めて確認しておけて良かったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*