「ありがとう」を「有難う」と書きますが、なぜ「難しいが有る」と書く?

ほぼ毎日使う言葉に「ありがとう」という言葉がありますが、漢字で「有難う」と記述しますよね。

ふと疑問に思いました。
「難しい」が「有る」で「ありがとう」?

ちょっと調べてみました。

そもそも「有難う」の語源は「有り難い」からきていて、この「有り難い」とは、「有る」こと自体が「難しい」といった意味で、今有る事自体に感謝する、といった意味になるようです。

なるほど、さんまさんが言う「生きてるだけで丸儲け」敵な意味になるんですね。
私も日々感謝しつつ過ごしていきたいと再確認しました。
当ブログにアクセス頂いて、本当に有難うございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*