「あたりめ」と「するめ」の違いとは?

晩酌に欠かせないスルメ。
のんべえの私にとっては、無くてはならない酒の肴です。
昨夜も日本酒ちびりとやりつつガジガジとやっておりましたが、ふと気になりました。

「するめ」の事を「あたりめ」と言ったりもしますが、これって何か違いがあるのでしょうか?
「するめ」は「するめいか」っていうイカの名前からですよね。
では「あたりめいか」ってのがいるのでしょうか。

ほろ酔いつつちょっと疑問に感じましたので、ちょっと調べてみました。

結論から言うと、「スルメ」と「アタリメ」は同じものだそうです。
なんでも江戸中期頃より、お金が無くなるとの意味を持つ「する」の響きを嫌って、真逆の「あたり」をあてがって、「あたりめ」としたそうです。
シャレの利いたスラングだったのですね。

自分も今後は言霊を意識して、あえて「アタリメ」と呼んでいこうと思います。
アタリメ、うまーい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*