「○○ふぜい」とはどういう意味?(風情)

時代劇を見ているとちょっと気になる語句を耳にしました。

「この芸者ふぜいが!」
「ゲイシャふぜい」??

「ふぜい」といえば、趣がある景色などの事を言う「風情」の事でしょうか?
だとすると、ちょっと馬鹿にした言いまわしで、上記の「風情」とは意味が正反対のように思いますが。

気になったのでちょっと調べてみました。

「○○ふぜい」の「ふぜい」とは、想像していた通り、「風情」と記述するのだそうです。また意味は使い方によって変わり、景色などを指した場合は「情緒のある」「味のある」「趣(おもむき)がある」といった意味となり、女性や芸術作品に対しては「艶やかな」「うるおいのある」「しっとりとした」といった意味になるのだそうです。
対して謙って自分に使う場合や軽蔑して使う場合は、初めに職業や立場などをプラスして「○○風情」と言い、身分や程度が低い、といったニュアンスで使われるようです。

なるほど、「お前のようなゲイシャごときに何が分かるんだ!」といった意味だったようです。
いずれにしても悪い方の意味では使う機会も無いと思います。ヒドイ言い方ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*