本屋さんに行くとトイレに行きたくなる?青木まりこ現象

昔からよく言われる「本屋に行くと、トイレに行きたくなる」といった現象。

あー、なるなる。と、共感できる方も多いのではないでしょうか?かくいう私も、そのひとりです。

その症状に「青木まりこ現象」たる名前が付いていることを、皆さんはご存知でしたか?なにやら、初めて公の場で話題になったのが、この「青木まりこ」さんの発言だったとか。

「青木まりこ現象」のメカニズムが解明された訳ではありませんが、その要因については諸説あります。

  • 「トイレに行きたくなったらどうしよう。」と考えてるうちにもよおしてしまう「プレッシャー説」
  • 紙やインクの匂いが直接腸に作用して、もよおすという「ニオイ説」
  • 本という「知」の財産に囲まれていることからくる「歓び」によって、もよおす「幸福感説」

などなどなど。

私的には本屋さんでももちろん、買い物に行く先々でもよおすことが多いです。ですので、パートナーには「また匂いを付けたくなってきた?」と、犬のマーキングにたとえられているほどです。

「腸は別の脳を持っている。」とも言われるように、ストレスや、環境の変化に敏感なのでしょうね。

くれぐれもご自愛ください。

[ LINK ] : なぜ本屋さんでトイレに行きたくなるのか―人間の行動を支配しているのは「脳」だけではない! (プラチナBOOKS)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。