感慨(かんがい)とはどういう意味?


「感慨深い(かんがいぶかい)」などと、使われる「感慨(かんがい)」ですが、何となく意味はわかるものの、明確に分からなかったので調べてみました。

感慨(かんがい)とは、

  • しみじみとした気分になること
  • 心に深く感じること

と、いったことだそうです。

人から受ける「感動」や「感激」に対して、「感慨」は過去の事柄に対して、自分の内側から沸き起こる感情だと思います。

使い方としては、
「これまでの苦労を考えると、実に感慨深い。」
「今日一日を振り返り、感慨にふける。」
などと、なるでしょうか。

また「感無量(かんむりょう)」と同じ意味で、「感慨無量(かんがいむりょう)」といった、四文字熟語もあるそうです。

[ LINK ] : 明日に賭ける―若き代議士の思索と感慨 (1982年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。