「一過言」とは何と読む?いっかごん?またその意味は?「一家言(いっかげん)」との語句の誤用らしい。


ネットをウロウロしていると、ちょっと意味の分からない語句を目にしました。

「そもそも一過言ある人で…」
「一過言」。。

いちかごん、でしょうか?意味は??早速調べてみました。

まず「一過言」とは誤用で、正しくは「一家言」と記述して「いっかげん」と読む文言の事らしい。こちらは、独自の考えや主張、独自の見識を持った意見、との意味との事。こだわりのある一癖ある人、といったイメージになる模様です。
また「いっかごん(いちかごん)」と間違えて読まれたり。「一過言」と誤用するケースも多いとの事。「過言(かごん)」とは、言い過ぎ、度を過ぎた失礼な言葉、といった意味になるので、イメージ的になんとなく似ている語句なので、間違えやすいのかもしれませんね。

なるほど。「一過言(いっかごん)」ではなく「一家言(いっかげん)」だったのですね。
まだまだ知らない日本語がたくさんあります。またひとつ勉強になりました。