カタカナの「ト」にそっくりな「卜」とは何と読む?正解は「うら」との事。その語源は?

ネットをうろうろしていると、前からちょっと気になる人名が目に止まりました。

「出演した水卜麻美アナは…」
「水卜」。。

どうしても「ミト」または「ミズト」としか読めないんですよね。。
ちょっと気になったので諸々調べてみました。

まず読みは「みうら」と読むのだそうです。そもそも「卜」とは占い(うらない)を意味していているのだそうです。人名でたまに目にする「水卜」「卜部」さんは「みうら」「うらべ」さんと読むのだそうです。音読みでは「ボク」と読み、歴史上の人物で「氏家卜全(うじいえぼくぜん)」や、黒沢映画に多く出演なさっている俳優の「左卜全(ひだりぼくぜん)」さんが思い出されます。
そもそも古い中国で行われていた風習で、カメの甲羅をあぶり、割れた亀裂の状態で国の決まり事などを決めていたのだそうです。その占いの事を「亀卜(きぼく)」と言い、やがて「卜」の文字単体でも「占い」の意味になったのだそうです。この国家の方針を左右する占いを仕切っていた人達が「卜部(うらべ)」という性を名乗ったのだそうです。

なるほど!そういったルーツがあったのですね。
調べてみるとひとつの文字にもいろいろな背景があって面白いですね。
またひとつ勉強になりました。