みかんの内側の白い皮とはなんと呼ぶ?何という?正解は英語で「albedo(アルベド)」と言われるとの事。

冬はこたつでみかんってのが最高に癒されますね。
私は大丈夫なのですが、子供達はみかんの内側の白い皮を食べるのが嫌みたいです。

ん、この白い皮の正式名称ってあるのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

正解は「アルベド」と言われるのが一般的なようです。英語で「albedo」と記述するとの事。日本語では「内果皮」と記述して「ないかひ」と読むのだそうです。「内果皮」でも正解でしょうが、カタカナ英語で「アルベド」の方が覚えやすいですね。

ちなみに外側の皮は「外果皮(がいかひ)」といい、英語では「flavedo(フラベド)」と言われるのだそうです。

またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。