そもそも「インボイス」とはどういう意味?英語で「invoice」と記述するとの事。

ラジオを聴いているとちょっと気になるカタカナ英語を耳にしました。

「定率減税の導入でインボイス方式を…」
「インボイス」??言葉の中??

最近ちょくちょく耳にする文言ですよね。税金関連の話なのは分かるのですが。
ちょっと気になったので早速調べてみました。

そもそも「インボイス」とは英語で「invoice」と記述して、送り状、との意味のフランス語を語源とした語句なのだそうです。なんでも商取引などで海外から物品を輸入する際に、この「インボイス」は付き物なようで、見積もりや受取書などの書類も含み、○○インボイスと呼ばれているのだそうです。
今回、日本で言われている「インボイス」とは、モノによって税率の違う定率減税導入にあたり、各商品の税金を記述した書類を提出する、という事柄を義務化するのだそうで、この事を「インボイス」と読んでいるのだそうです。

なるほど、なんとなく理解できました。
人生日々勉強ですね。