そもそも「アリーナ」とはどういう意味?英語で「Arena」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になるカタカナ英語を耳にしました。

「ステージに近いアリーナ席で…」
「アリーナ」。。

競技場などを利用したスタジアム・コンサートで、外周に取り巻く観客用の席ではなくて、競技場に設置したステージに近い席、との意味になるのかと思いますが、そもそもこの「アリーナ」とはどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「アリーナ」とは英語で「Arena」と記述して、そもそもラテン語で、砂、砂地、を意味する語句で、古代ローマ時代の剣士が争う闘技場、そこに敷き詰められている砂、との意味で使われていたとの事。そこに由来して、競技場、土俵、との意味で使われるようになったのだそうです。やがて、道場、競技の場所、活動の舞台、その領域、といった意味でも使われるようになったとの事。

カタカナ英語でアリーナと言うと、競技場、との意味で使われる事が多い模様ですが、英語で使われる場合は、競技場はもちろんですが、分野、領域、土俵、舞台、といった意味で使われる事も多い模様です。

なるほど、分野、領域、との意味でもあるのですね。
またひとつ勉強になりました。