そもそも「アリバイ」とはどういう意味?その語源は?英語で「alibi」と記述するとの事。


テレビを見ていると、ちょっと気になるカタカナ英語を耳にしました。

「その時間のアリバイはありません。」
「ありばい」。。

犯罪の容疑者などに対して、該当時間の所在確認の事だとは理解していますが、そもそもこの、アリバイ、とはどういう意味になるのでしょうか?日本語?英語?または別の言語??

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「アリバイ」とは英語で「alibi」と記述して、現場不在証明、言い訳、口実、を意味する英語との事。そもそも、ほかの場所、を意味する「alius ibi」なるラテン語が語源になっているとの事。もともとは専門用語的な文言だったらしいのですが、大正時代から人気を博した推理小説の影響で、一般に多く広まり耳馴染みのある語句になったのだとか。

なるほど。現場不在証明、というのですね。確かに、事件が起きた時に現場に居なかった証明、という事ですもんね。
耳馴染みのある文言でも、本当の意味の理解が足りない言葉ってたくさんありますよね。
またひとつ勉強になりました。