そもそも「みじめ」とはどういう意味?その語源とは?


ラジオを聴いていると、ちょっと気になる語句が耳に残りました。

「大変ミジメな思いをしまして…」
「ミジメ」。。

情けない、恥ずかしい、といったイメージかと理解していますが、そもそもこの「ミジメ」とはどういう意味なのでしょうか?その語源は?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「みじめ」とは漢字で「惨め」と記述して、意味としては、見るのも辛くなるような哀れな様子、情けない様、といった意味になるとの事。そもそも「見じ」+「目」からなる意味を持つようで、「見じ」とは、見たくない、見ない、といった意味で、「目」を付け、見たくないものを見てしまう、といったニュアンスで生まれた文言なのだそうです。

平成生まれの人には分からないでしょうが、小松の親分さんの「しーらけどーりーとーんでゆーくーみなみのそーらーへ、ミジメーミジメー。」が思い出されます。
「惨め」と漢字で記述するようになったのは後の話かと思いますが、無惨、惨敗、惨殺、など、「惨(さん)」の一文字で、みじめ、むごい、といった意味になるとの事。

なるほど、「見じ」+「目」だったとは分かりませんでした。
またひとつ勉強になりました。