お金などの単位を省略するアルファベット「k」とはどういう意味?一般的な単位「キロ」との事。


ネットをウロウロしていると、ちょっと気になる記号を目にしました。

「相場は5k~7Kくらいですが…」
「5k」。。

この金額を表す「k」とはいったい何のことを指しているのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

結論から言うと「k」とは「キロ」の略なのだそうです。1km(一キロメートル)や 1kg(一キログラム)などと一般的に使われるあの「キロ」との事。1km も 1kg も、1,000メートル、1,000グラム、で、「k(キロ)」=1,000 と言う事になるのだそうです。

なるほど。と言う事は「相場は5,000円から7,000円」と言っていたのかと理解出来ました。とは言え、この「k」との単位はそもそもどういったものなのでしょうか?さらに調べてみました。

諸々調べてみると、IT関連で言われる、1KB(一キロバイト)、1MB(一メガバイト)、1GB(一ギガバイト)、1TB(一テラバイト)などと使われているアノ単位の事で、メートル法などを決めた国際単位系、略して「SI」と言われる国際基準で決まっている単位との事。

基本的には三桁増えるごとに単位の名称が付いている模様。三桁、つまり「,」が付く度に名前がついている模様。以下に代表的なものを記述します。

  • 1,000(10の3乗) = 1K(キロ)= 一千
  • 1,000,000(10の6乗) = 1M(メガ)= 百万
  • 1,000,000,000(10の9乗) = 1G(ギガ)= 十億
  • 1,000,000,000,000(10の12乗) = 1T(テラ)= 一兆

その後も、三桁ごとに、ペタ(P)エクサ(E)ゼタ(Z)ヨタ(Y)と続くのだそうですが、一般的に使われるのはパソコン関連などで聞かれる「テラバイト」、つまり一兆バイトまででしょうか。

長さや重さ、質量や速さなどに使われるのが一般的な模様で、金額に当てはめられているのは本来の使い方ではない様ですが、スラング的な、俗な使い方と言う事で理解しておこうかと思います。
またひとつ勉強になりました。人生毎日が勉強ですね。