「雪に耐えて梅花麗し」とはどういう意味?「耐雪梅花麗」とも記述するとの事。

新聞を読んでいると、ちょっと難しい慣用句?ことわざ?を目にしました。

「雪に耐えて梅花麗し」。
なんとなく、寒さに耐えて美しく咲く梅の花、といった意味なのかと思いますが、改めて調べてみました。

「雪に耐えて梅花麗し」とは、そもそも西郷隆盛が自分の甥に向けて読んだ詩の一説で、本来は漢文で「耐雪梅花麗」と記述するのだそうです。意味としては、辛い事を乗り越えるほどに、その後に素晴らしい結果が待っている、という事なのだそうです。大きい事をやろうと思うならそれ相当の忍耐も必要、という意味になるのだそうです。

なるほど。西郷隆盛さんの言葉だったのですね。
広島カープに復帰した黒田投手の座右の銘でもあるとの事。

またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。