「隔靴掻痒」とは何と読む?またその意味は?正解は「かっかそうよう」と読むとの事。

読書をしていると読みの分からない四字熟語を目にしました。

「激しい隔靴掻痒の感が…」
「隔靴掻痒」。。

まったく意味が分かりません。早速調べてみました。

「隔靴掻痒」とは「かっかそうよう」と読んで、意味としては、思い通りにならずもどかしい、はがゆい、といった意味になるのだそうです。中国の古典「無門関(むかんもん)」で読まれている一節で、靴の上から痒いところをかく、といった謂れになるのだそうです。漢字をよく見てみると、隔(へだ)てた靴、掻く、痒い、となって意味が分かればそのままのイメージらしいです。
また「隔靴掻痒の感がある(かっかそうようのかんがある)」として使われるケースも多く、こちらは、欲求不満になる、フラストレーションがつのる、といった意味になるとの事。

なるほど、痒いところに手が届かない、といった意味だったのですね。
人生毎日が勉強です。またひとつ勉強になりました。