「過ぎたるは及ばざるが如し」とはどういう意味?

新聞を読んでいると、意味がよく分からないことわざを目にしました。

「過ぎたるは及ばざるが如し」

過ぎるのは、及ばないのと同じ??
一体どういった事なのでしょうか?

早速調べてみました。

孔子の論語を由来とすることわざで意味としては、何事もやり過ぎるのは、やっていない、足りていないのと同様に良くない事、と言った意味になるのだそうです。「度が過ぎる」のも「水準以下」なのも良くないことで、丁度良いのが一番良い、と言った事のようです。

また「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とも記述される模様です。

何事も良い塩梅が大切だという事ですね。
付かず離れず、親しい中にも礼儀あり、三歩進んで二歩下がる。
大切なのはバランスですね。
またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。