「運びとなる」の「運び」とはどういう意味?運ぶ、訳じゃないのに、運ぶ、とは?


ラジオを聴いていると、ちょっと気にある文言が耳に残りました。

「今回発表する運びとなって…」
「運びとなる」。。

普通に耳にする使い方ですが、この「運ぶ」とは、運んでいる訳ではないのに運ぶ、とはいったいどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

そもそもこの「運ぶ」には、荷物やモノを運ぶ、という意味だけでなく、足を運ぶ、などと言うように、移動する、といった意味と、筆を運ぶ、会議が円滑に運ぶ、といったような、進む、進展する、といった意味でもあるとの事。
なるほど!こちらが知らなかっただけで、そもそも「運ぶ」にはそのような意味が含まれていたのですね。何も、運送屋さんが荷物を運ぶ、だけでなく、運送屋さんの運送業務が円滑に運ぶ、といった意味でも使われるのですね。

まだまだ知らない日本語がたくさんあります。人生毎日が勉強です。