「覆水盆に返らず」とは何と読む?またどういう意味?正解は「ふくすいぼんにかえらず」と読むとの事。


新聞を読んでいると、ちょっと読みの分からない文言に目が止まりました。

「覆水盆に返らず」

まったく意味が分かりません。早速調べてみました。

「覆水盆に返らず」とは「ふくすいぼんにかえらず」と読み、意味としては、一度壊れてしまった夫婦の絆は元に戻らない、といった意味になるのだそうです。中国の故事に由来しており、釣り好きで有名な太公望の逸話で、毎日勉強する為に読書をしていると、妻が愛想をつかして出て行ってしまったそうな。やがて努力が実って出世すると、出て行った妻が復縁を願ったそうな。その時、盆にあった水をこぼし、この水を戻せたら復縁してもよい、といった逸話から言われているとの事。

自分の気持ちはもう土に返った水のように無くなってしまったのだと言いたかったのでしょうか。
なるほど、そういった意味だったのですね。またひとつ勉強になりました。

[link] : 「太公望」とはどういう意味?中国の故事から由来。「たいこうぼう」と読むとの事。 – YAOYOLOG