「良識の府」とはどういう意味?国会の「参議院」の事なのだそうです。

新聞を読んでいると、ちょっと気になる文言を目にしました。

「良識の府であることの意味を・・・」
「良識の府」。。

なんとなく政治の世界で聞かれる文言ということは分かっているのですが、コレってどういう意味なのでしょうか?
ちょっと理解が足りていないので早速調べてみました。

「良識の府(りょうしきのふ)」とは、健全な考え方や判断=「良識」、が、集まる場所=「府」、という意味で、中立で公正な審議を行う、という事で、先日選挙がありました国会議員、参議院(さんぎいん)の事を指しているのだそうです。政治関連以外でも使われると思ったのですが、「良識の府」=「参議院」という事で、他のものに使われることはない模様です。

一部の勢いで当選した元芸能人や元プロレスラーが世間を騒がしております。長年にわたり勉強を重ねてきた議員さん達にとっては、大事なテリトリーを土足で踏み荒らされている気分でしょうね。やはり素人には勤まらない世界なんだなと再確認しております。いずれにしても国民の皆さんから選ばれた代表ですから、その判断に夢を託したいですね。

まだまだ知らない日本語がたくさんあります。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*