「臥薪嘗胆」とは何と読む?またその意味は?

新聞を読んでいると、またまたちょっと難しい四字熟語に遭遇しました。

「臥薪嘗胆で勝ち取った…」
「臥薪嘗胆」。。

まったく分かりません。
早速調べてみました。

「臥薪嘗胆」とは「がしんしょうたん」と読み、意味としては、将来の成功を信じて苦労をする事、という事なのだそうです。前半の「臥(が)」は「ふす」とも読み、臥(ふ)せる、うつぶせになる、との意味。「薪(しん)」はそのまま焚き木の「まき」の意味で、あわせて薪の上で横になる、との意味。「嘗(しょう)」は、舐める、との意味で「胆(たん)」は、キモの事で、苦いものとの事で、あわせて、苦いものを舐める、との意味になるとの事。

成功を夢見て苦渋を飲む、といった事になる様ですね。元は、敗戦の悔しさから勝利を信じて努力する、と言う事だったのだそうです。

またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。