「老若男女」とはなんと読む?「ろうじゃくだんじょ」?「ろうじゃくなんにょ」?「ろうにゃくなんにょ」?

先日、友人同士で会話している時の事です。

「ロウジャクダンジョ問わず好きでしょ?」
「ロウジャクダンジョじゃない?」
「え、ロウニャクナンニョでしょ?」

これって本当はどれが正解でしょうか?
ちょっと気になったので調べてみました。

結論から言うと正解は「ろくにゃくなんにょ」との事。漢字で書くと「老若男女」と「ろうじゃくだんじょ」と読みたい気持ちはわかります。「老」は「老人(ろうじん)」の「ろう」で間違いにくいですが、後半の「男女」は「だんじょ」とも読むので「なんにょ」と読ませるのはちょっと間違いやすいですよね。「長男(ちょうなん)」「次男(じなん)」の「なん」、「女人」と書いて「にょにん」と読みますもんね。

一点「若」を「にゃく」と読む?「若輩者(じゃくはいもの)」と言うので「じゃく」ならなんとなく分かりますが「にゃく」?
腑に落ちなかったので更に調べてみました。

すると「若」を「にゃく」とも読むようで、若い僧侶の事を「若僧(にゃくそう)」、若い人たちの事を「若族(にゃくぞく)」と言うのだそうです。

踏まえて「老若男女」は「ろうにゃくなんにょ」が正解との事で、他の読み方では間違いなのだそうです。

なるほど、調べて納得できました。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。