「紅蓮」とは何と読む?またその意味は?正解は「ぐれん」と読むとの事。


雑誌を読んでいると、ちょっと難しい文言を目にしました。

「紅蓮の炎のように…」

紅蓮。。

これってどういう意味なのでしょうか?またなんと読む?
早速調べてみました。

「紅蓮」とは「ぐれん」と読み、「紅蓮華(ぐれんげ)」とも言われる紅色の蓮(はす)の花の意味で、今回の、紅蓮の炎、として、激しく燃え盛る炎を意味しているとの事。また、仏教用語で、紅蓮地獄(ぐれんじごく)なる言葉があり、とても寒い地獄で寒すぎて皮膚が剥がれ、紅蓮の花のようになってしまう、といったところから言われているとの事。

紅蓮地獄と言うのは想像しただけでも痛々しいですね。地獄イヤです。
真っ赤に燃え盛る炎、との事だったのですね。またひとつ勉強になりました。

ちなみに紅蓮とは以下との事。フムフム。

紅蓮