「粗肴」とはなんと読む?またその意味は?(そこう)


小説を読んでいると、チョット見慣れない文言を目にしました。

「粗肴と申すも…」

粗肴?
そさかな??

早速調べてみました。

「粗肴」とは「そこう」と読み、意味としては、粗末な肴、といった意味で、人に差し上げるものに対して謙って使う文言のようです。
関連して「粗酒粗肴(そしゅそこう)」や「粗酒粗宴(そしゅそえん)」といった文言もあるとの事。意味としては同様に、人にお出しするお酒や肴、宴、について、謙って使われる四字熟語のようです。反対の意味での「美酒佳肴(びしゅかこう)」というのもあるようです。

いかにも日本人らしい文言ですね。
またまた大変勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。