「生きとし生けるもの」とはどういう意味?「生けとし生きるもの」と間違って覚えていました。

先日仲間と話している時に、ちょっと気になる文言が耳に残りました。

「やっぱ、イキトシイケルモノ、すべてはさぁ…」
「いきとしいけるもの」。。

これって「生けとし生きるもの」じゃなかったでしたっけ??
またコレってよく考えてみるとどういう意味になるのでしょう?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

正解は「生きとし生けるもの(いきとしいけるもの)」で、この世に生きているすべての命、との意味になるとの事。歴史は古くて、10世紀初めの古今和歌集の中でも使われているフレーズで、その始まりは不明との事。

古文のような古い語句だったのですね。細かな理屈は置いておいて、とにかく、この世で生きているものすべて、って事だと理解しておきたいと思います。
まだまだ知らない日本語がたくさんあります。人生毎日が勉強ですね。