「牛耳る」とは何と読む?またその意味は?正解は「ぎゅうじる」でした。

小説を読んでいると、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。

「このあたり一帯を牛耳る…」
「うしみみる」??

どこかで見たような気もしますが。。
ちょっとモヤモヤしているので早速調べてみました。

「牛耳る」とは「ぎゅうじる」と読み、意味としては、支配する、と言った意味になるとの事。なるほど「ぎゅうじる」と読めれば分かりました。
あわせて語源としては、その昔中国での事、同盟を結ぶ際の忠誠の証として、牛の耳を切り落とし、したたる血を飲む事によって誓った、という逸話から、同盟関係で主な立場になる事を「牛耳を執る(ぎゅうじをとる)」と言う風になったのだそうです。そこから転じて、組織や団体を支配する、意のままにコントロールする、といった意味で「牛耳る」と使われるようになったのだとか。

なるほど、そう言った逸話があって「牛」+「耳」という構成の語句になったのですね。
またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。