「烏合の衆」とは何と読む?またどういう意味?正解は「うごうのしゅう」との事。


新聞を読んでいると、ちょっと気になる文言が目に止まりました。

「ただの烏合の衆とならずに…」
「烏合の衆」。。

どこかで見た事があるようなないような。。
ちょっと気になったので早速調べてみました。

「烏合の衆」とは「うごうのしゅう」と読み、ただ集まっただけで能力のない群集、との意味になるとの事。「烏合(うごう)」とはカラスの群れの事で、意味もなく集まりただ騒いでいるだけ、との様子からそのように揶揄されるいい方になったとの事。

なるほど、ウゴウノシュウでしたか。音が分かればなんとなくわかりましたが、「鳥」=「カラス」の事とは知りませんでした。
またひとつ勉強になりました。人生毎日が勉強ですね。