「架電の件」とはどういう意味?なんて読む

先日業務上のメールでちょっと見慣れない文言を目にしました。

「先日の架電の件ですが・・・」
「架電」??

ちょっと意味がはっきりしませんでしたので、早速調べてみました。

「架電」とは「かでん」読み、電話をかける、との意味になるようです。
ここでまたふと疑問が。「電話をかける」が、橋を架けるなどの「架ける」?
さらに調べてみると、そもそも電報を打つ事を「打電」と言いますが、これに関連して電話をかける事を「架電」といったそうです。電話線は架かっているものなのでそこに準えて「架ける」となったとのこと。

仕事上使う文言であまり普段使う人は少ないかと思いますが、またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。