「杞憂」とはなんと読む?またその意味は?

小説を読んでいると難しい文言に目が泊まりました。

「いらぬ心配と杞憂に終わって…」
「杞憂」??

まったく読めません。ので意味も分かりません。
早速調べてみました。

手書きパッドで入力し調べてみると、「杞憂」とは「きゆう」と読み、意味としては、心配しなくてもいいことに心配する、取り越し苦労、といった意味になるのだそうです。

そもそも古い中国の故事から由来しているとの事で、天が落ちてこないかと心配した、という逸話から由来しているのだとか。

なるほど「キユウ」と読むのですね。
初めて知ったかもしれません。
またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*