「晴耕雨読」とは何と読む?またどういう意味?正解は「せいこううどく」と読むとの事。


読書をしていると、ちょっと気になる四字熟語を目にしました。

「安らかな晴耕雨読の…」
「晴耕雨読」。。。

漢字の意味からなんとなくイメージはできますが、コレって何と読むのでしょうか?またその意味は?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「晴耕雨読」とは「せいこううどく」と読んで、意味としては、心安らかに生活する、のんびりと暮らす、との意味になるのだそうです。漢字のイメージそのままで、晴れた日は田畑を耕し、雨の日は読書をする、との事になるのだそうです。無理しないで、その日、その時の状況で暮らしていく、といったイメージになる模様です。

なるほど。サラリーマンにとっては、憧れる生活スタイルですね。。うらやましい。。
いつかそのような暮らしが出来るように今頑張りたいと思います。またひとつ勉強になりました。