「旭日旗(きょくじつき)」とは何ですか?

ニュースの記事に目を通していると、見慣れない語句に目が止まりました。

「旭日旗」
あさひばた??

早速調べてみました。

「旭日旗」とは「きょくじつき」と読み、国旗の日の丸から八方に赤いラインの伸びた、日の丸と並んで使用されることの多い旗の事だそうです。「旭日旗(きょくじつき)」が海外のスポーツ観戦時などに問題になることがありますが、もともと日本陸軍の旗として使用されていたので、中国・韓国などの国からすると気持ちの良いものではなく、多くの場合、非難を受ける結果となる模様です。現在の自衛隊の旗も、この旭日旗とほぼ同様のものが使われているようですので、その辺りも微妙な感じですね。

ちなみにいわゆる「日の丸」のことは「日章旗(にっしょうき)」と言うそうですよ。
理解が少々浅かったです。

—–
2013/3/10 追記

きゃりーぱみゅぱみゅさん関連でちょっとした話題になっている「旭日旗(きょくじつき)」。

問題となっているのはウェブサイトに掲載されていた新年挨拶の初日の出をイメージしたデザイン。日の丸に模したきゃりーぱみゅぱみゅさんの頭部から、放射状に赤いラインが伸びているデザインで、旭日旗に酷似しているとのこと。チェックしたところ確かにその通り。

現代の日本に住んでいる私達からするとよく分からない感覚ですが、中国、韓国を始めとするアジアの国々からすると、過去の日本軍の象徴となり、イコール反日感情に直結するようです。
未だ大変デリケートな問題なのですね。改めて再確認する出来事でした。

—–
2013/7/30 追記

またまた一部で「旭日旗(きょくじつき)」について騒がれているようですね。

今度は日本対韓国のサッカーの観戦中に、日本人サポーターが1~2分間旭日旗を振って応援したのだそうです。それに対して激高した韓国人サポーターが仕返しとばかりに歴史的人物がプリントされた巨大な横断幕を掲げたとか掲げなかったとか。国際サッカー連盟では歴史的思想などをアピールする行為は禁止されているとの事。すぐ係員に没収されたらしいですが、なんだか嫌な感じですね。

もっと純粋にスポーツを楽しめば良いじゃん!って思いますが、我々が考える以上に「旭日旗(きょくじつき)」=「戦争」のイメージが深く結びついているようですね。とてもデリケートな問題なのだと再認識しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*