「手紙をしたためる」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「認める」と記述するとの事。


ラジオを聴いていると、ちょっと気になる語句が耳に残りました。

「久しぶりに手紙をしたためまして…」
「したためる」。。

なんとなく耳にしたことはあります。「手紙を書く」と言っているのは分かりますが、この「したためる」とはどういう意味になるのでしょうか。

ちょっと気になったので早速知らべてみました。

「したためる」とは漢字で「認める」と記述するとの事。「認める(みとめる)」と同じ漢字なんですね。「書く」と言うよりも、心を込めたお手紙を書くとき等に、したためる、と使われるようです。辞書を引くと「書き記す(かきしるす)」との意味のほかに、食事をする、整理する、といった意味もあるとうたわれていますが、日常会話で使われる場合は、手紙を書くとの意味になる模様です。

他にも使える尊敬語の類かと考えていましたが、手紙を書く限定の文言だとは想像できませんでした。
まだまだ知らない日本語がたくさんあります。人生日々勉強ですね。