「怜悧」とは何と読む?またどういう意味?正解は「れいり」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。

「大変怜悧な若者で…」

「怜悧」。。。

れいり?でしょうか?
まったく意味が分かりません。

早速調べてみました。

「怜悧」とは「れいり」と読んで、優秀、賢い(かしこい)、利口、頭が良い、といった意味になるとの事。前半の「怜(レイ)」とは、訓読みで、あわれむ、さとい、とも読まれ、かしこい、頭が良い、または、可愛がる、いとおしい、大切に思う、といった意味を持っているとの事。後半の「悧(リ)」とは、訓読みで、さかしい、と読まれ、こちらも、かしこい、頭が良い、利口、などといった意味になるとの事。いずれも同様の意味の語句で、頭脳明晰、といった意味になっているのかと理解しました。

なるほど。怜悧(れいり)とは今回初めて知りました。
まだまだ知らない日本語がたくさんあります。人生これ日々毎日が勉強ですね。