「帝王切開(ていおうせっかい)」とは、なぜ「帝王」と記述するのでしょうか?

先日、友人に元気な赤ちゃんが生まれました。
普通分娩の予定だったのですが、急遽帝王切開で出産したのだそうです。
母子ともに元気で健康との事で一安心でした。

ん、、「帝王切開」。。
これってなぜ「帝王(ていおう)」なのでしょうか?
凄い偉そうな感じですが。

ちょっと気になったので調べてみました。

諸説諸々あるようですが、概ね誤訳が原因のようです。海外からその出産方法が伝わった際に、ハサミなどの意味の「シーザー」を、古代ローマの将軍ジュリアス・シーザーと間違った為にシーザーを「皇帝」と訳してしまったのだとか。

ありゃ、、そうでしたか。
ハサミでカット、じゃなくて。皇帝様でカット、って意味になっちゃってますね。
シーザー様が帝王切開で生まれたから、といった謂れもあるようですが、多分誤訳なんじゃないかと思われます。
またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。