「小間切れ」とはどこの部位の肉?

お使いを頼まれ近所のスーパーマーケットへ。
キャベツひとつに牛乳一本、あと豚のこま切れ肉を200gとのメモを片手に。

スーパーに到着してまずはキャベツゲット、牛乳ゲット。
お肉のコーナーでこま切れ肉を探すも見当たらず。店員さんを見つけて「豚のこま切れはありませんか?」とたずねるも本日はないとの事。モモかロースならあるんですが、との事でなんとなく金額の安いモモに差し替えましたが、ここでふと疑問が。

「こま切れ」ってどこの部位の事なんでしょうか?
「コマギレ」って端っこなどの寄せ集め的な??

ちょっと気になったので早速調べてみました。

なんとなくイメージしていた通り「こま切れ肉」とは言葉の通り、商品にならない余った肉を寄せ集めたものなのだそうです。主にモモや肩など赤身の部位が入っているとの事。お刺身でも「マグロのぶつ切り」など、お刺身のかっこがつかないものを商品にしたものがありますが、そういった種類のものなのですね。
また「こま切れ」は「細切れ」や「小間切れ」とも記述されるとの事。細く切られたもの、またその切れ端、と言った意味になるのだそうです。

成る程、やはりイメージ通りのニュアンスだったようです。
なんとなくモヤモヤしていましたがスッキリしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。