「小春日和(こはるびより)」は年中使える言葉ではない?正解は冬の言葉です。


ちょっとあったかい天気のいい日の事を「小春日和(こはるびより)」と言いますが、先日知り合いが指摘されていたのを隣で盗み聞きました。

とある先日のこと。
天気の良い日にぷらぷらあるいている途中に、
「いやー、今日は小春日和で丁度良くあったかいねー」
と。

すると別の知り合いが、
「今はもう5月で春なんだから、小春日和じゃないでしょー」
って。

その知り合いは意味が分からないらしくキョトンとしてました。
私も知らないフリをしてましたが頭の中はクエスチョンマーク。???

帰宅後早速調べてみました。


「小春日和」とは季節が冬の時にたまにある暖かい日を指して使う言葉との事。つまり「丁度良い天気の日」という意味で終始使える表現ではないようです。知らなかったー。

多分これまで私もなんとなく使って間違っていたと思います。
またひとついい勉強になりました。
ご指摘頂いたAさん、ありがとうございます。とは、恥ずかしくて言えませんがせめてこの場で。感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。