「小噺」とは何と読む?「小咄」とも記述するとの事。

新聞を読んでいると、ちょっと理解の足りない語句が目に止まりました。

「小噺をひとつ…」
「小噺」??

まったく意味が分かりません。
早速調べてみました。

「小噺」とは「こばなし」と読み、ちょっとした話、短く面白い話、との事。

成る程、その「小話」の事なのですね。
他にも「小咄」と記述する事もあるのだそうです。

まだまだ知らない日本語が沢山あります。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。