「小人閑居して不善をなす」とはどういう意味?

本を読んでいると、意味の分からないことわざ?に目が止まりました。

「小人閑居して不善をなす」

全然意味が分かりません。早速調べてみました。

「小人閑居して不善をなす」とは「しょうじんかんきょしてふぜんをなす」と読み、中国の古い故事で、意味としては、くだらない人間が暇を持て余すとろくな事をしない、という意味になるのだそうです。
「小人(しょうにん)」とは、子供の事ではなく、つまらない人間、ろくでもない人間。「閑居(かんきょ)」とは、田舎などで静かに暮らす、または、暇になる、何もしないでぶらぶらしている、といった意味になるのだそうです。

なるほどー、ダメ人間をブラブラさせるな、といった意味なのですね。
「不善をなす」で、よろしくない事、といったニュアンスは理解できましたが、さらにハードな意味だったのですね。
またひとつ勉強になりました。