「封水」とはどういう意味?「ふうすい」と読み水道管の仕組みの事なのだそうです。


雑誌を読んでいると、ちょっと読みの分からない語句を目にしました。

「短い封水の場合は…」
「封水」。。

「ふうすい」でしょうか?
DIY関連の雑誌だったので、なんとなく建築関連の話かとは思うのですが。

早速調べてみました。

「封水」とは「ふうすい」と読み、「封水トラップ」などとも言われる配管の仕組みの事で、洗面台の下などで確認できるヘアピンカーブのように一旦折り返す構造の事なのだそうです。この構造により適度な水が溜まる事によって、ガスや悪臭、害虫やネズミなどの害獣の侵入を防いでいるのだそうです。

なるほど、あのクネクネした構造はそういう名前が付いていたのですね。
またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。