「寸借」とはどういう意味?読み方は?(すんしゃく)

小説を読んでいると見慣れない文言に目が留まりました。

「しばし寸借と思い…」

「寸借」?
前後の文脈から犯罪的な意味が感じられますが、カリパク的なニュアンスでしょうか?
はっきりしなかったので調べてみました。

「寸借」とは「すんしゃく」読み、意味としては「ちょっとの間借りる」「少額を借りる」と言った意味なのだそうです。「寸借詐欺(すんしゃくさぎ)」という文言もあり、ここで言っている「寸借」とは、「寸借詐欺」まで含めた意味のようです。

学生時代などにカリパクされたことはありますが、気持ちのいいものじゃありませんね。
自分はそうしないよう注意していこうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*