「分水嶺」とはなんと読む?またその意味は?

新聞を読んでいると、ちょっと難しい漢字を目にしました。

「判断が分水嶺となる…」
「分水嶺」?
「ぶんすいりょう」??

よく分からなかったので早速調べてみました。

「分水嶺」とは「ぶんすいれい」と読み、雨水がどっち側に流れるかを分ける山の嶺のことを言っているのだそうです。そこから転じて、物事の分かれ目になる判断をする事を「分水嶺」と言うのだそうです。

成る程、今後の行く末を決めるような大事な判断、との意味になるようです。
最近の世界はきな臭い雰囲気に満ちていますが、トップの判断が良い方向へ向かう分水嶺となるよう切に願います。

またひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。