「人生のしくず」とはどういう意味?これ誤用との事。正解は「人生の縮図(しゅくず)」

ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「彼を見ていると人生のシクズを見ているようで…」
「しくず」?「しくづ」??

たまに耳にするこの「人生のしくず」とはどういう意味なのでしょうか?
なんとなく、これまで生きてきた物語、といったようなイメージではあるのですが。

気になったので早速調べてみました。

「しくず」で検索しても思うように出てこないのでちょっと迷いましたが原因が分かりました。勘違いしていたようで、「しくず」ではなく「しゅくず」で「縮図」と記述して、意味としては、原寸より縮めて記述した図画、転じて、物事の本筋を簡略化したもの、といった意味になるのだそうです。あらすじ的な意味になりますでしょうか。
つまり「人生の縮図」とは何となくイメージしていた通り、人生のあらすじ、と言ったニュアンスで問題ないようですね。

なるほど、「しくず」ではなく「しゅくず(縮図)」とは気付きませんでした。
人生日々勉強ですね。またひとつ為になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。