「一姫二太郎(いちひめにたろう)」本当の意味はどっち?

子供を作る上で、「一姫二太郎(いちひめにたろう)」という言葉があるのは、皆様も承知のことかと思いますが、意味に関して、以下の二つの意味で言われていると思います。

  1. A : 「女の子が一人、男の子が二人生まれるのが理想」
  2. B : 「初めは女の子、次に男の子が生まれるのが理想」

皆様はどちらの意味で使っていますか?

正解はBの「初めは女の子、次に男の子が生まれるのが理想」です。

意味としては、初めての出産には、育てやすい女の子が適していて、子育てに慣れてから男の子を授かったほうが育てやすい。といった意味です。

女の子のほうが、比較的病気も少なくて、体も丈夫なのに対して、男の子は病気になりがちで、頻繁に体調を崩します。ですので、女の子で育児に慣れてから、男の子を育てたほうが、余裕をもって育児ができますよ。ということです。

実は私、これまでAの「女の子が一人、男の子が二人生まれるのが理想」と間違えて解釈していました。

間違って覚えている言葉って意外とあるものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*