「レベナント(レヴェナント)」とはどういう意味?英語で「revenant」と記述するとの事。

先日見に行ってきました。デカプリオさんがアカデミー賞を受賞したという事で話題の映画「レヴェナント: 蘇えりし者」原題「The Revenant」。いやぁ、凄い痛そうな、イヤ、見てるだけで痛い映画でした。この「痛い」は「痛車(いたしゃ)」の痛いではなくて、本当に痛い、痛点を刺激する痛いです。そして寒そうです。イヤ、寒いです。この寒いは「ギャグがすべる」の寒いではなくて、体感温度が寒い、の、寒いです。痛くて寒いです。

小雪舞う中、毛皮を得る為に狩りを行う一行。襲い掛かるインディアン。逃げるアングロサクソン。でっかい熊、グリズリーに襲われるデカさま。殺傷される息子。虫の息の中生き埋めにされるデカさま。等々、初めから終わりまで、痛くて寒くて辛いです。クールダウンが必要な真夏に観たいです。

で、ちょっと気になりました。そのタイトル。「The Revenant」。
これってどういう意味になるのでしょうか。早速調べてみました。

「revenant(レヴェナント)」とは英語で、戻ってくる、帰ってきた人、亡霊、幽霊、といった意味になるのだそうです。

なるほど、まさに「revenant」な映画でした。
デカさまの恨みったら半端ないっすよ。そりゃそうだ。
またひとつ勉強になりました。人生常に勉強ですね。

と言うか調べてて分かったですが、敵の「ジョン・フィッツジェラルド」役ってマッドマックス主演のマックス役!トム・ハーディー様だったのですね!!全然違う!別人。。びっくりしました(^^;