「メンタ」とはどういう意味?正しくは「メンター」というようです。

仕事のメール上で、見た事のないカタカナ英語を目にしました。

「以上詳しくはメンタに。」
「メンタ」??

まったく意味が分かりません。
早速調べてみました。

「メンタ」とは、正しくは「メンター」と言われているようで、意味としては、助言者、師匠、教育者、といった意味になるとの事。今回の場合はひらたく言うと、詳しくは先輩に聞きなさい、といったニュアンスになるようですね。
また関連して、継続して指導を受ける事を「メンタリング」と言うのだそうです。

そもそも英語で、「Mentor」と記述し、顧問、指導者、助言者、といった意味で、ギリシャ神話に登場する「メンロール」なる賢者に由来しているのだそうです。

精神面の意味の「メンタル(mental)」に関連しているのかと漠然と考えていましたが、全く関係ないようですね。

歳をとってくると、なかなかご指導頂けないケースが増えてきますので、よきメンターと出会えればラッキーですね。
自分も一定の場所で落ち着くことなく、積極的に様々な世界に出て、さらには素敵な人との出会いが出来ればいいなと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。