「ホメオパシー」とはどういう意味?


新聞を読んでいると、知らないカタカナ英語に遭遇しました。

「ホメオパシー」?

前後の文章から、医療関連の語句のようなのですが、一体どういう意味なのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

「ホメオパシー」とは、毒をもって毒を制す、というような医療の方法の事で、たとえば熱がある患者に対して、微量の熱が出る薬を処方する、といったように、病状と同じ効果がある薬をごく微量処方する事によって、自然治癒力に効果を期待する、といったような内容の医療行為なのだそうです。

ですが、その効果は科学的には立証されていない為に、一部ではオカルト的、宗教的な方向になりがちでなのだそうです。中には死亡したケースもあるのだとか。

きちんとした医療行為なのかと思っておりましたが、なんだかオカルト的で、良いものではなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。