「バイオマス」とはどういう意味?英語で「biomass」と記述するとの事。

ラジオを聴いていると、ちょっと気になるカタカナ英語が耳に残りました。

「近年開発か進んでいるバイオマスですが…」
「バイオマス」。。

なんとなく、次世代の燃料、資源、といったイメージがありますが。。
ちょっと分からなかったので早速調べてみました。

「バイオマス」とは英語で「biomass」と記述し、簡単に言うと、植物を利用したエネルギー、といった意味になるとの事。本来は生態学なる専門的な学問の学術用語で、生物量、生物存在量、といった難しい解釈の意味なのだそうですが、そこから転じて、植物由来で作られる燃料資源、といった意味で使われるようになったのだとか。
さらに調べてみると、このバイオマスにもいろいろ種類があるようで、間伐材や麦わらなど未利用の廃棄物から作られるもの。バイオマス専用に作られたトウモロコシやさとうきびなどから作られるもの。食品廃棄物や汚泥、家畜の排せつ物などから作られるものなど、様々な種類があるとの事。

炭素系燃料に変わる、クリーンな再生可能エネルギーのひとつですので、今後の技術の進歩に期待ですね。
またひとつ勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。