「ドメスティック」とはどういう意味?

「ドメスティック」と聞くと瞬時に、「ドメスティック・バイオレンス(DV)」を連想してしまいますが、果たしてこの「ドメスティック」とはどういう意味なのでしょうか?

ちょっと気になりましたので、早速調べてみました。

「ドメスティック」とは英語で「domestic」と書いて、「家庭的な」「家族の」「国内の」「国産品」といった意味になるのだそうです。なるほど、よく考えてみれば「家庭的な暴力」で「ドメスティック・バイオレンス」なんですね。いろいろ関連して使われるようですが、家畜のことを「ドメスティック・アニマルス(domestic animals)」と言ったり、国内のニュースの事を、「ドメスティック・ニュース(domestic news)」と言ったりするのだそうです。

「ドメスティック・バイオレンス(DV)」の影響で良いイメージのない文言ですが、ただ「家庭的」との意味とのことで、なんとなく勘違いというか、間違ったイメージを持っていたようです。調べてみて良かったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*